To LINEUP     ENGLISH

■ MAPS−0.5A Smallシリーズ ■ 
RK−10247L−0.5A

OLEDエージング + 良否判定 まで可能な
有機EL表示器エージング用
大電流・多チャンネル波形電源システム
MAPS-0.5A Small シリーズ

OLED表示器は、現在、性能・品質・良品率において発展段階にありますが、 他方、この段階において製品を出荷することは企業にとって、またOLED表示器の将来にとって必然事です。
このような条件下では、工程中のエージングによる良品率向上とコスト低減が大変重要になります。
適切なエージングにより、それ以降の製品の良否判定が迅速に行え、また以降の良品率を向上することに繋がります。
理想計測の「OLED表示器エージング用大電流・多チャンネル電源システム」MAPS−0.5Aシリーズは、 ガラス基板やフレキシブル基板等の種々の工程におけるエージング等のために適用できる、 各チャンネル最大2Aまで流せる大電流で多チャンネルのローコスト電源システムです。
従来の多数の電源を並べた高価なものや、並列接続したものとは異なり、MAPSシリーズは、 エージング電流を可変可能で、また各チャンネルを別々にドライブします。 ドライブ電流値や電流波形を画面上で選択・設定できます。 ドライブ対象のパネル毎にオン/オフスイッチ機能があり、安全面確保もパネル毎に実現します。 良否判定機能として使用できる、コンプライアンス電圧比較も可能です。 MAPS−0.5Aシリーズは、小規模の16チャンネルから、32チャンネルまで、 エージング対象のガラス基板等を収納するケースや恒温チャンバの容量に合わせたチャンネル構成が可能です。 コンプライアンス電圧標準は20Vですが、オプションで60Vまで可能です。
各表示パネルへの印加電源信号モードとして、定電流、パルス電流、各種波形電流があります。 設定値レンジは、電流:0−0.5Aです。オプションの負側は−20Vまで出力可能です。

オプション機能
(1):白色合成のため、カラー三原色で、上記モードにおける電圧や電流の定数パラメータを、 別々の値に設定することも可能です。
(2):定電圧モード時の電流測定、定電流モード時のコンプライアンス電圧測定が可能です。 この機能付加で、エージング中にその工程段階での良否判定まで実施できます。
(3):電圧出力モードも負荷できます。
チャンネルモデル名モデル番号筐体寸法(mm)価格(ソフト付)
16chMAPS-0.5A16RK-10247L-0.5A16600*700*200OPEN
32chMAPS-0.5A32RK-10247L-0.5A32600*700*260OPEN


16チャンネルシステム MAPS-0.5A16

価格や仕様は予告なしに変更される場合がありますのでご了承下さい。 また不正確な情報や記載漏れ・誤りに関して弊社は責任を負うものではありません。